パーマリンクのトラブルから回復

update 最終更新日:2023年12月16日 at 11:13 PM

パーマリンクとは、WordPress 標準の動的 URL を静的 URL として、再定義するメカニズムです。
たとえば、ブログのURLは、デフォルトでは以下の記述です。

http://www.senris.com/?page_id=14

これをパーマリンクの機構で、以下のような記述に改める事が出来ます。

http://www.senris.com/blog/

この記述の方が分かりやすいし、検索エンジンにも認識し易くなるので、SEOでも有利になるとされています。
この処理は、WordPress により追加された「.htaccess」内の以下のコマンドにて、Apache サーバーの「mod_rewrite」により実行されます。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

さて、遅きに失し、今頃パーマリンクを設定した影響で一部のDBが壊れてしまいました。
Transposhとの連動にも問題があります。
原因は、プラグイン「Custom Permalinks」との相性問題のようです。
現在、このプラグインを停止させ、DBを復旧中です。(m_m)

因みに、Trashが空にも拘わらず、Custom Permalinks が居ないと、パーマリンクのアドレスの中の余計な枝番「***-2」が取れません。しかし、Custom Permalinks が居ると、Transposh との連動に失敗します。
MySQL の DB に手を加えれば治るかもしれませんが、WordPress が動かなくなる危険性があるので、当面、Custom Permalinks を外し、枝番有りの状態で運用する事にします。

最後にもう一点、TOPページに HTML5 で作られた時計を iframe で貼っていますが、Transposh では表示できないようです。テーマの PHP ヘッダーファイルは、少し手を加えていますが、HTML5対応ではありません。しかし、iframe の中は表示されると思うのですが、良く分かりません。

以上の件で、誰か技術的に詳しい方がいらしたら、サポートをお願いしたいところでございます。

【 2月19日更新 】
P.S. その後、私の実験により判明した事を追記しておきます。

「Transposh」のプラグイン設定「Settings」タブの中の「General Settings」で「Rewrite URLs」のチェックを入れてはいけないようです。この説明を読むと、一見、パーマリンクに対応するようですが、パーマリンク設定にした場合、デフォルトの言語以外のページのリンクが正常に機能しなくなります。よって、システムをパーマリンク設定にする時は、このチェックを外す必要があります。

Transposh_General-Settings

【 3月6日更新 】

◆付記

本サイトにおけるパーマリンク形式の選定に関しては、以下の記事を参考にしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
X(ポスト)

パーマリンクのトラブルから回復」への1件のフィードバック

  1. Transposh、ならびに、パーマリンクのトラブルの一件は、既に収束しています。

    なお、TOPページからラビリンスのPCサイトへのリンクは、Transposhのインタフェースを使い、バイリンガル表示するランチャーのCGIプログラム(perl)*を作り込んで置きました。
    *Englishモードにおける、以下のリンク

    Labyrinth Pub Labyrinth (PC site)

    PHPで作成しても良かったのですが、perlなら5分で作れますのでぇ…
    (^_^;)

コメントを残す